犬の病気

猫のてんかん ひどい発作


以前(2016年から2017年にかけて)猫さまがてんかんを起こしていた記事を掲載しております。
こちら(猫のてんかん 発作?)

2017年12月30日に長男パピヨンが他界してから1週間が経つか経たないかという頃に長男猫さまがひどい発作を起こしました。
以前のてんかん発作とは比較できないほどひどい発作でした。
発作時には肛門が開いたままの状態が続き下痢で出続けました。
口は開いた状態です。痙攣はさほどひどくなくてぐったりしておりました。
鳴く声もちからがありません。

もうだめなのか?と思いました。(抱っこしながら泣いておりました。)

とりあえず暖かいお湯を張った桶で猫の体を温めつつ洗いました。
数時間、肛門が閉じませんのでダラダラと便が出ておりました。
肛門が閉じてくれたときに少しほっと致しました。

この日から2日間食べ物を口にしません。水だけは飲んでいましたがおそらく脱水状態にはあると感じました。
猫の場合3日間食べ物を口にしない場合は重篤とされ、動物病院で絵溶剤点滴を打たなければ絶命する可能性が高いとされています。
我が家の猫は病院に行くことが最大のストレスであることは承知しております。興奮によってさらに状態が悪くなることも考えられます。
病院に連れていくかどうかは飼い主が決めなければなりません。
もうすぐ19歳・・猫。ということで、今回は動物病院に行くことは選択しませんでした。3日目に入ったら動物病院に行くと決めました。飼い主の判断でお願いします。一日食べない状態で絶命することもありますから。
猫が好むであろう食べ物を次から次に試しましたが食べません。ということは吐き気がしているのかもしれないと思いました。
きゃびあ.jpg
魚卵でどうだ?こうなったら食べてくれるものなら何でもいいから食ってくれにゃ(=^・^=)
「いらないにゃ。」orzまじですか?
食べ物を食べなくなったら生きることを諦めたときと個人的に思っていましたが、食べたいのに食べられないとすれば何か手を打たねばと思いました。
ピルポケットも食べない状態でしたので、動物病院で処方していただいていたガスター(体重によって薬の量が決まりますので必ず動物病院で処方してもらってくださいね)を、
とビオフェルミン一錠と抗てんかん薬をすり鉢で粉にして少量の水で溶いてシリンジで飲ませました。

(シリンジ10ミリリットル)
イザという時に活躍するシリンジは、ある程度年を取った犬猫がいる場合は購入しておくと良いと思います。

(100円均一のショップで販売されている小さいすり鉢は便利ですな。早く気付くべきでした。)



粉にする道具が無い場合は、動物病院で数種類の薬を粉にしていただくという手があります。
かかりつけの動物病院でお願いしましょう。

念の為、猫の爪は切っておきましょう。
薬を嫌がる猫は多く、飲ませようとすると抵抗します。(というくらい元気だったら、ある意味嬉しい)

猫の首まわりと両手を軽くタオルで巻いてあげると、シリンジで水薬を飲ませる時には楽できます。

もう一回お試しキャビアにゃ。
た・・食べた。食べてくれた。
けど塩っぱいだろうからほんの数粒だけね^^

数時間経った頃に高級缶詰を差し出しましたが食べませんorz
何なら食べるの?
試しに人間用だけどコレ食べてみるか?

IMG_6282.JPG
食べました。(=^・^=)

ここから一週間は続けてガスター、整腸剤、てんかんのお薬を一日一回飲ませて続けました。
IMG_6281.JPG
活躍中のすり鉢です。すり鉢って素晴らしい❤
すり鉢で薬をスリスリゴリゴリし始めると炬燵の中に逃げて行きますが(=^・・^=)/

我が家の猫さまは、一週間でみごとに快復いたしました。
食欲が戻り、カリカリのキャットフードを食べるまでになりました。

何が起こってもおかしくない年齢とはいえ、飼い主として最大限できることはやっておこうと思います。

もうちょい気張れや.jpg
ですよね。ほんと。
母も強くならねばのU^^U

気圧の変化も気温の変化も激しい2月は人間も含めて体調管理をしっかりとしましょう。
(食事と空調、湿度等含め)
一定の温度を保つ部屋を一部屋だけは確保しておきたいですね。
アメリカのように全室空調という訳にはいかない日本の家では苦労しますが、できることからこつこつとやりましょう。
炬燵が一個あるだけで猫さんは自分で体調管理をしてくれます。
出たり入ったりしておるにゃ(=^・・^=)

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いいたしますm(^^)m

ranking
人気ブログランキングへ
ガンバポチお願いしますmU__Um
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
IMG_4325.JPG

犬猫日記

ペット処分ゼロ・日本公共放送 クロ現

クローズアップ現代・クロ現みておりました。
欧州は・・欧州は・・。。
法律は厳しい欧州やアメリカです。それは事実です。しかし以前の記事にも書いておりますが、その場殺処分が行われているのが欧州やアメリカです。

_____ココカラ_______
ちなみにドイツやアメリカなどで殺処分は無いといわれていますが、野良猫や野良犬は別ですから。ハンターや警官がその場射殺してますから。実質日本より多くの犬猫が殺処分されているということなんです。(涙)

国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/
http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?searchWord=%E7%8A%AC%E7%8C%AB%E6%AE%BA%E5%87%A6%E5%88%86&featureCode=all&filters=2%3A1&viewRestrictedList=0
犬猫殺処分に関する書籍(イギリス、ドイツ、アメリカ含む)
興味がございましたら読みくださいませ。
____ココマデ_____

年間7億円の収入があり支出が7億5千万円で赤字ですか。地方のあの場所で?
鉄骨プレハブのようなあの犬舎が5千万?は?
もう頭の中は(・・?ハテナマークだらけでした。
ボランティアには限界があると以前にも書いていますが、年間それほどの金額補助(寄付含むのかな?)
があるとすれば、犬にとってもっと良い環境をつくれるはずだと思いました。
多分ですが、そのような団体であればワクチン代とか薬代も安くしてもらってるはずですし。

自らそのような愛護施設を始めておいて、その後に自治体のせいにしてはいかんでしょ。
先ず計画を立ててからじゃないの?
前にも記載しているかもしれませんが保護犬や保護猫の命があと何日かです・・「拡散希望」というようなsnsを見ると個人的には腹立たしくなるのです。
個人ができることをやっているだけなのかもしれませんが、見たら気になるのは心が痛みます。何とかしてあげたくなりますが、単に拡散するというのはどうなんだろうか疑問に思うのです。
譲渡会があったとしてもトライアルもやらないで、飼育環境について厳しすぎる条件をつけているせいで譲渡が決まらないケースが多いですしね。
何か間違ってるんじゃないの?

犬猫を救う方法は、
個人でできることを先ずやることであります。
それは、自分が飼っている犬や猫を捨てないこと!!!
雄雌を飼っていて頭数が増えると困ると思う人は適当な時期にきちんと去勢すること!!!


今すぐにでもできることは先ずペットオークションをなくすることです。
種の保存という犬の種を絶やさない為めに知識あるブリーダーが育つためにもオークションとペットショップは無くするべきです。
イオンとかね、大型ペットショップが入っていますね。
政治家も絡んでいる可能性が大なので(〇秘ですかな?)イオンだし・・。
ま、それ以外の政治家さん方もご存知のはず。
ペットショップで犬猫を購入した方は、その仔犬や仔猫のお里がどこかを聞いて訪問して親犬に会えるかどうか聞いてみてください。会わせてくれるブリーダーさんならまだ大丈夫でしょう。多分ね。
犬舎の中も見られるかどうか聞いてみてください。見てもいいですよというブリーダーさんなら良いでしょう。
(ほとんどの場合、拒否されますよ)

だから、なくしましょうよ!犬猫オークション。
競りですよ。生体の競りですよorz悲しいよ。これが日本なのかよ(涙)

現在、対面販売が義務化されていますが(以前も書いています)適当で知識が無いブリーダーが先天性のある犬の繁殖を行い対面販売ができれば問題は解決されないどころか間違ったブリードが続くだけです。
病気になった犬の面倒を看きれなくなって捨てる人が出ているのもまた事実です。
対面販売の意味は現在でも全く意味が無いと思います。

東京都は人口が多いですから、関東圏のブリーダーは適当なブリードをしていても食うには困らないことでしょう。
地方のブリーダーは対面販売を義務化されたことで、地方の優秀なブリーダーはもう繁殖家としてやっていけない状態のようです。地方のブリーダーさんのところは犬舎や普段の犬や猫の様子が見られるようにしていれば良いんじゃないですかね。
優秀なブリーダーがいなくなることは残念なことなのですよ。
優秀なブリーダーが繁殖した犬や猫の値段を100万円くらいにすればいいかもしれません。
そう、お金持ちさんしか飼えなくなりますね。
自分がブリーダーとして生計を立てると考えると、繁殖犬の生涯飼育にかかる費用まで考えるとそう思います。


自治体の立ち入り検査は予算が少ない上に隠れブリーダーがいるだけでもう手に負えないことでしょう。
だから蛇口を締めるのが先だと思うのです。オークションは悪そのものだと個人的に思います。


ペット処分ゼロを目指すためには飼い主が捨てないようになるような人間になるよう、幼少期から命の教育を行うことが必須です。


保護する犬や猫は、最終的に家族に迎えてもらえない場合は自分の家族にすると覚悟したうえで迎えようと私は個人的に思っております。今は無理と思ったら手を出しません。命に責任が持てないからです。

いうことは簡単です。少しのお金やフードを寄付することも簡単です。
犬や猫の命を預かり最期まで看取ることは金銭的にも体力的にも大変なことだということを私たちは知っておくべきです。

(地獄への道は善意が敷き詰められている。)サミュエル・ジョンソン
地獄への道は善意で舗装されているという言葉もあり、この言葉の解釈については確定されていませんけれども、現在の愛護団体について個人的にはこの言葉が頭に浮かびます。

犬猫の保護団体も色々です。本当にしっかりと管理されている団体や個人もいらっしゃいますから一概に批判できないですし批判ばかりしていても仕方がありませんが、上っ面だけ見て判断しちゃいかんですね。

善意は必要ですが、その結果捨てられた犬や猫を何度も傷つけることになるとすれば私たちはもっと根本的な解決策を考えて行動しなければならないと思うのであります。

小さな体だけど私たちと同じく、ひとつの命なんです。


「メディアってなぁ、核心を突かないんだよなぁ。わかってないよなぁ。」
独り言でございました。はい。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いいたしますm(^^)m

ranking
人気ブログランキングへ
ガンバポチお願いしますmU__Um
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ

犬猫日記

老犬老猫について


20171209_きょうだい犬.jpg

テレビでたまたま耳にした言葉に疑問を抱きました。
「犬が15歳くらいまで生きるとして14歳まで元気だったとし、残りの1年を介護することで14年間の思い出がだいなしになることも・・。」って。
え?)え?)テレビに出ていた獣医師の言葉。
そうなの?意見は色々です。勿論ですとも。
我が家には10歳超えの犬猫が4匹おりまっせU^^U (=^・^=)

10年以上家族でいた犬との思い出が台無しになることなんてないと個人的には思います。
もしも、そう感じるかもしれないと思う人は動物を家族として迎え入れてはならないと思います。
仔犬の時にはそこそこ手がかかります。子猫は比較的楽です。
しかし年を取ると犬も猫もてんかんを起こすようになったりして発作時には口からもお尻からも汚物が出てしまいます。
意味がない年齢比較.jpg
「若いよね^^;」

介護は人も同じ。愛情を注いでくれた親の介護をすることで辛い思いをする人は多いですね。だからといって長い期間の思い出が全て台無しになりますか?なりませんよね。
介護をする側は体力と精神力を使い果たすくらい大変な思いをします。自分が壊れないために介護関連のケアサービスを受けて上手に時間をつくることが大切です。
だからこそ情報を上手に拾ったり経験者からお話を聞いたり一番良いのは獣医師に相談することだと思います。

仔犬のおもりと介護ってほぼ同じようなことなのに体が大きくなると「おもり」ではなくなるんですね。あらら。
2017年11月ねこさま.jpg
「あはは^^ですね。流石は18歳猫さま。」

大好きな家族いなくなるなるということとは、どういうことなのか。考えてみましょう。
何かをしてあげたくても何もしてあげられないし、触ることもできなくなります。目の前から消えて見えなくなるっていうことです。

この世からいなくならない生物は何ひとつなく全ての命は終わりを迎えるのですが、その命に携わるときには覚悟が必要であり情報も必要ということを知っておかねばなりません。初めての介護は辛いことだらけです。
動物たちの認知症の全ても人間同じく解明されていませんが、一日中鳴く犬にしてみれば何か理由があるはずですね。(AIに解析してもらったら何と言っているか教えてくれる時代がくると良いな。w)
動物の介護も個体の状態によりますが、ひとりで抱え込むと大変です。けれども予測不可能な認知症の状態になった時、現在は動物であれば獣医師や動物介護施設に相談をすることができます。頼ることができます。認知機能低下の原因も最近では判明するようになり薬の種類も増えました。(動物用はまだまだのようですが数種類ですが試す価値がある薬はあります。)

どれほど辛い介護をしたとしても、元気に共に過ごした期間の思い出が台無しになることはありませんよ。
自分が愛した家族である人、犬や猫が亡くなった時に自分を責めるようなことが無くなることを私は祈ります。
どうか昔(中学生時代)の私のよに自分を責めるようなことにならないように、介護をすることで自分が辛いと思った時には色々な施設を頼って下さい。辛いときはつらいよーって言いましょう。
12歳の女の子には過酷な試練でございましたわんよ。(少女時代に祖母の介護を一年間致しましたの)
hahahawanwan.jpg

もう一度言いますよ。
楽しかった思い出は介護をすることによって無くなりゃしません。
色々な工夫をすることで少しは楽になるのが介護です。
頼れる家族がいるときには頼りましょうね^^旦那さんとか旦那さんとか旦那です(笑)
いやいや先ずは獣医師ですね(''◇'')ゞ頼れます。頼れない獣医師だと思ったら動物病院を変えましょう。
獣医師との情報交換はデータとしても残せるはずであり、集まったデータから年老いた犬猫の介護で飼い主が少しでも楽になる手段を選べるかもしれませんよ。
IMG_6020.JPG
ベランダでワンワン!!
(日向ぼっこ中にもワンワン!!U^^U/大きな声が出るくらい元気なのわん)

たまたまですが、我が家の窓やサッシは二重(インナーサッシを取り付けています。)にしてあります。楽器を使うこともあり最初にインナ―サッシを設置したので犬の鳴き声はあまり外には聞こえません。けれど窓を開けていれば聞こえますし、迷惑になったら申し訳ないなぁって思いましたので、ご近所の方には現在のパピヨンさんのことを伝え、たまに抱っこしてご近所さんとも会ってお話をしたりするようにしました。
我が家の犬猫全てをご近所の方がご存知なので助かります。
また、ご近所では外で犬を飼っている家庭もあるので今のところ苦情はありません。
ここ数年認知症になって夜中にワンワンと吠えていたご近所の犬も次々と亡くなりました。
なのでご近所さんの理解が得やすいのです。
ご近所同士が仲が良い地域で良かったと思いましたにゃよん。有難いことです。

犬の鳴き声によるご近所トラブル、または自分の体力や気力の限界を感じて犬の尊厳死を決断される方もおいででしょう。
それには相当の覚悟が必要だと思います。現在はとてもとても長生きする犬猫が増えたことで認知症のような症状が出る仔が増えていると思います。尊厳死を決断するのは飼い主ですが、ならばその前に覚悟をもったうえで製薬会社が販売している安定剤や睡眠剤などを動物病院で処方してもらってはどうだろうかと思います。
眠る薬をつかうことによって死に至った場合に製薬会社に訴訟など起こす飼い主がいると製薬会社も獣医師も薬を使うことを躊躇するのではないかと思うので、飼い主は自分の意思をはっきりと獣医師に伝えて覚悟しなければならないのではなかろうかと思います。
現在、我が家のパピヨンさんに合った薬の組み合わせは無いものだろうかと獣医師とお話をした上で寝てもらう作戦の手段をあれこれと試しております。眠ることも徘徊することも吠えることも脳の働きによるものだと考えると必ずや合う薬があるのではないかと個人的に思うのです。

人間と犬を同じに考えているわけではありませんが、我が父が認知症になった時に手がつけられないほど暴れており、一日数十分しか寝ない日が数カ月続きました。50時間以上眠ることができない日が続くこともしばしばありました。軽い安定剤や眠剤は全く効果がありませんでした。
疲弊した私は精神科に父を連れていきました。精神科医が一週間かけて父に合う薬の組み合わせにたどり着きました。夜は寝てくれますし暴力を振るうこともなくなりました。叫ばなくなりました。幻聴や幻覚も無くなりました。そして笑うようになりました。もちろん入院してもらいましたが^^;疲れました。
犬の場合はそうはならないのでしょうか?鳴かないでよく寝てくれるようにならないものでしょうか?
私は諦めたくありません。その旨を獣医師にお話しをして現在複数の薬で調整中です。
食べる、飲むという行動ができるうちは「生きるのだ。生きたいのだ。」といっているのだと個人的には思うので私たち家族がしっかり睡眠をとれるようになるまで獣医師に頼りながら頑張ろうと決めました。


このブログも現在我が家に犬猫がいる間は続きますが(勿論あたくしが生きていなくてはならないのですけれどもw)、いなくなったら閉じることでしょう。
至福のとき.jpg
「まだまだだな。おらぁ3つになる前だで。」U^0^U/あ・・(;''∀'')

わんにゃんの介護施設がこれから増えることにも期待したいです。
一日でいいからゆっくり寝たいと思う飼い主さんは多いと思います。
昼も夜中もギャン吠えしているワンちゃんがいるご家族の気持ちは痛いほどわかります。
先ずは獣医師に相談してみましょう。できることが何かあるはずです。

みんなで支えあって頑張ろうね。
何ともならないことは無いはずだよにゃ(=^・・^=)/

多摩川20171210_06.jpg

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いいたしますm(^^)m

ranking
人気ブログランキングへ
ガンバポチお願いしますmU__Um
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ

17年5ヶ月23日という時を生きたパピヨンさんが長い眠りにつきました。
ありがとう。ほんとうにありがとう。私の支えのひとりだったパピヨンさんありがとね。
相談に応じて下さった大矢動物病院の先生や、ご近所の方々やちょこちょことパピヨンさんに会いに来てくださった方、このブログでパピヨンさんを応援してくださった方、またこれまで我が家のパピヨンさんと遊んでくれためちゃくちやたくさんのワンちゃん達に心から感謝申し上げます。
「おいらは、おいららしく最期まで生きて母ちゃんのお膝で眠れたよ。」


ありがとう。心をこめて愛してるって意味の「おやすみさん」ね。

  1 2 3 4 5..  次の3件>>