犬と猫の病気

19歳を過ぎた猫 もう何も食べない


2月11日にひどいてんかん発作があった記事を当ブログで書いております。
あれから3ヶ月半が過ぎました。
5月に入ってから食欲が激減しました。真っ赤な鼻血がたまーに出ます。
現在15日間食事を摂っていません。

老猫が食べ物を食べなくなったり水分を摂らなくなってから個体差があるとは思うのですがどれくらい生きられるのだろうかと思いまして、そのことも獣医師にお尋ねいたしました。
これだけは個体差が激しく、そのような状態になった場合早く亡くなってしまう猫は1週間くらいですが、2週間から4週間生きられる猫もいるそうです。
それは輸液などの処置をしなかったとしてもです。
ということでした。
猫がもともと持っているてんかんを含む病気、脳障害、臓器内腫瘍などを考えると彼にも寿命の風が吹く日が近づいていると思いながらも、なにか飼い主としてできることは無いのかと悩みましてそのことも含めて獣医師に相談しました。
我が家の猫さまを長年診てくださっている獣医師ですので私の気持ちも察してくださった上で助言をいただきました。
水を飲めるようにしてあげることと痛みが出ていないかを見ながら見守ること。
私が個人的に思っていたことと同じことを言ってくださいました。


臓器の奥深い場所からの出血があるためか真っ黒い便が出ます。
その時に痛みがあるような表情になっていることから万能薬といわれているステロイド剤の錠剤を出していただきました。
最後はステロイド剤しかないですね。

発作が起こると黒い便が出てしまうのでお気に入りの場所には防水シーツとおねしょシーツを敷いています。
水持ってきたのか.jpg

トイレもこのシーツの上に置きましたが、普段トイレがある場所まで歩いていくので慌ててその場所にトイレは戻しました。
潔癖症は猫の特徴ですね。流石です。


口にしてくれるものなら何でも良いと飼い主としては思うものです。
高齢猫用のパウチや缶詰はほとんどのものを試しに口元に持っていきますがニオイを嗅ぐだけで食べようとはしません。
イクラ、キャビアはどうだ?
潰してみたら少しだけなめて、もう要らないにゃと顔を背けました。(そうか、もう食べ物は無理にはすすめないよ。けど試すわよ)
水はよろけながらも飲みに行きます。
水飲みいくにゃ.jpg
そうなんです。犬の上を歩いて参ります^^さすがは長男猫さまです。

ただいまにゃ.jpg
水飲みから帰ってきたら犬の上を歩いて自分のベッドに戻ります(=^・・^=)/長男ですから。


喉が渇いている状態は可哀そうなので動けなくなって横たわっている時にはむせないように、ガーゼに水を含ませたものを口につけてあげるようにしましょう。
寝るにゃ.JPG

正直に申しますと27日が山かと思っておりました。猫さまは山とか谷とか気にしていないようです。生きられるだけ生きる。水は飲みたい時に飲む。歩く時によろけてこけるけれどそれでも自分の足で歩くことを自然にやっております。
とはいえ、体に脂肪などついておりません。骨がゴツゴツとしています。いつ猫が永眠するかもわかりません。それが今日なのか明日なのか数日後なのかも私にはわかりません。
体重は全盛期若き日の4分の1になっています。
ステロイドのおかげさまで痛みは緩和されているようです。穏やかに眠る日が続いています。

猫の気持ちを察したとしてもそれが正解なのかさえわかりません。飼い主にできることといえば最期のときまでそっと見守りながら寄り添うことですね。
昨年に続き覚悟の年となりました。できることだけコツコツやろうと決めている飼い主でございます。

世の中の猫さんたちも多分ですがマイペースだと思います。そのペースを維持しながら今日を、今を穏やかに過ごしてくださいね。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いいたしますm(^^)m

ranking
人気ブログランキングへ
ガンバポチお願いしますmU__Um
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
IMG_4325.JPG

犬の病気

耳が痒いよ~酵母菌? その2


我が家の14歳になるボーダーコリーさん、ほぼ一年を通して耳のかゆかゆが続いております。
良くなった~^^/ と思ったらまた繰り返します。

脾臓を摘出するオペをしたのが2017年3月です。
彼は確かに0歳(生後6ヶ月くらいの時ですが)のときに初めて耳にかゆかゆが出ました。
この時、パピヨンにはかゆいかゆいの症状は出ておりません。綺麗な耳でした。

ボーダーコリーの免疫力が低下しているのか?と思いきや免疫力には問題は無かったのでございます。
にもかかわらず酵母菌によるマラセチアになってしまうというのはどういうことだろうか?と思いながらも耳に1滴垂らす抗生剤で回復したのであまり気にはしませんでした。
14歳になるまでに、確かに耳の痒い痒いの症状を何度か繰り返しはしましたが、ここまで長引くことはありませんでした。
脾臓を摘出したことで免疫力低下を招いたのだろうか?と獣医師に診ていただきました。

絶対はないけれども体質的なものがあるかもしれないとのことでした。
耳は洗いすぎも駄目だし、耳垢なんてそんなにつかないのが一般的です。よほど免疫力低下があれば別だけれども、この子の場合は過敏症みたいなものがあるとのこと。
黒くべったりして臭いがあるのは酵母菌だけれどもお薬はいらないとのことでした。
耳の中の毛を抜いてあげることと、一度綺麗に外耳を洗ってあげることをすすめられました。
それとフードが現在のボーダーコリーの体質に合っているかどうかも試してみる価値があるとのことでございました。

とりあえずお散歩から帰宅したら手足を洗うついでに耳の中の毛抜きをしました。
外耳の近くの毛はできるだけいつも短くしていますが、すぐに伸びるので気をつけてあげるようにしております。
外耳のベタッとした場所は中性石鹸でしっかり洗って一度しっかりと落としました。
フードは色々迷いました。これまでも値段の高いフードや獣医師開発フードなど試してきました。
最低でも3ヶ月は同じフードで試しておりました。
で、彼に合ったフードがみつかりました。脂肪分が他のフードより少ないものです。
脂肪分(油分)は酸化してしまうと良くないということは昔から言われております。だったら新鮮な油分を足してあげることでコートの艶や皮膚の健康は保てます。(年齢によるコートの艶の後退は仕方ないとして)
体質は人も同じく個体差がありますから、我が家の場合のお話として書いておきます。

アガリスクが入っている値段的には安いフードで安定しました。
色々と安定しているように感じます。



我が家のボーダーさん(体重22kg)の場合カップ1.5杯でちょうど良い量です。
無脂肪ヨーグルトと少量のササミふりかけをトッピングしています。これを一日二回与えております。
ビッグウッド・ブリリアントメロウも悪くはありませんでしたが今思うと便が硬すぎたかもしれません。

吉岡油糧も良いフードなのでしょう。知り合いはこのフードに決めています。


多頭飼いにはつらい出費となり諦めました。^^;

飼い主が決めなければならないことですからフード選びで悩むのは無理ありません。
例えばそのフードがAAA級であったとしても、その犬の体質に合っているかどうなのかはわかりません。
人も同じで、数年前に戻って魚中心の食生活に変えていれば現在病気になっていなかったのか?と問うてもわからないのと同じです。
手作りが一番ってか?確かにそうなのですが・・言い訳^^;
ただし、食欲が無い時には手作りフードしか食べなくなりますね。彼にとって美味しい食事は手作りフードなんだなぁって見ていて思います。
(´;ω;`)だよね。けれどVitaminや葉酸その他の栄養素の吸収率がどうしても下がるんだよ。。母の手作りご飯には限界があるっす。


話が耳の痒い症状の話からフードの話になってしまいましたが、ほんの少し飼い主が気をつけてあげることで不快な思いをさせなくてすむかもしれないということは言うまでもありませんね。
耳の中に生えている毛は必要だからあるのだと個人的に思っていましたので、今回獣医師のお話を聞いて目から鱗でした。

IMG_0413 (2).jpg
タオルで耳の中の毛を掴んで引っこ抜いても痛くないそうです。毛抜で抜くより危なくないのであたくしは手荒く感じるかもしれませんがタオルを使って毛抜きをしております^^;

さあて、これからは蚊の季節です。
フィラリアのお薬、んー悩む。とりあえず蚊バリアを買ってきました(笑)
8時間くらいは庭への侵入を防げそうです。
三ワンコみんなフィラリア抗体検査はクリアでした。
あとは蚊の出方を見ながらですかな?
フィラリア症で死なせたくはありませんしね。悩ましい問題ですよ。フィラリア・・・・・。

みなさま狂犬病予防注射のハガキきましたか?
「厚生労働省、狂犬病」でググってみてくださいませ。
日本の現状がわかります。
獣医師さま、薄~いやつでいいんで^^;って言いたくなりますが、最近日本では無くなったとされる麻疹(はしか)が沖縄に観光に来た人から他日本人に感染しました。
今は複数都県で発症が確認されていますね。詳しくは厚生労働省のwebを見てくださいね。

病気の種類が違うといえばそれまでなんですが、色々と考えると100%安全は無いということもまた事実です。
加害犬にならないとも限らないってことなんですよね。
これも何とも悩ましい問題です。我が家も1ワンコを除いて高齢犬と高齢猫になりました。
中途半端に高齢ではなく、多分結構高齢です^^;ふぅ、どうしたものかなぁと悩める日々でございます。


ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いいたしますm(^^)m

ranking
人気ブログランキングへ
ガンバポチお願いしますmU__Um
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
IMG_4325.JPG

猫の病気

猫のてんかん ひどい発作


以前(2016年から2017年にかけて)猫さまがてんかんを起こしていた記事を掲載しております。
こちら(猫のてんかん 発作?)

2017年12月30日に長男パピヨンが他界してから1週間が経つか経たないかという頃に長男猫さまがひどい発作を起こしました。
以前のてんかん発作とは比較できないほどひどい発作でした。
発作時には肛門が開いたままの状態が続き下痢で出続けました。
口は開いた状態です。痙攣はさほどひどくなくてぐったりしておりました。
鳴く声もちからがありません。

もうだめなのか?と思いました。(抱っこしながら泣いておりました。)

とりあえず暖かいお湯を張った桶で猫の体を温めつつ洗いました。
数時間、肛門が閉じませんのでダラダラと便が出ておりました。
肛門が閉じてくれたときに少しほっと致しました。

この日から2日間食べ物を口にしません。水だけは飲んでいましたがおそらく脱水状態にはあると感じました。
猫の場合3日間食べ物を口にしない場合は重篤とされ、動物病院で点滴をしなければ絶命する可能性が高いとされています。
我が家の猫は病院に行くことが最大のストレスであることは承知しております。興奮によってさらに状態が悪くなることも考えられます。
病院に連れていくかどうかは飼い主が決めなければなりません。
もうすぐ19歳・・猫。ということで、今回は動物病院に行くことは選択しませんでした。3日目に入ったら動物病院に行くと決めました。飼い主の判断でお願いします。一日食べない状態で絶命することもありますから。
猫が好むであろう食べ物を次から次に試しましたが食べません。ということは吐き気がしているのかもしれないと思いました。
きゃびあ.jpg
魚卵でどうだ?こうなったら食べてくれるものなら何でもいいから食ってくれにゃ(=^・^=)
「いらないにゃ。」orzまじですか?
食べ物を食べなくなったら生きることを諦めたときと個人的に思っていましたが、食べたいのに食べられないとすれば何か手を打たねばと思いました。
ピルポケットも食べない状態でしたので、動物病院で処方していただいていたガスター(体重によって薬の量が決まりますので必ず動物病院で処方してもらってくださいね)を、
とビオフェルミン一錠と抗てんかん薬をすり鉢で粉にして少量の水で溶いてシリンジで飲ませました。

(シリンジ10ミリリットル)
イザという時に活躍するシリンジは、ある程度年を取った犬猫がいる場合は購入しておくと良いと思います。

(100円均一のショップで販売されている小さいすり鉢は便利ですな。早く気付くべきでした。)



粉にする道具が無い場合は、動物病院で数種類の薬を粉にしていただくという手があります。
かかりつけの動物病院でお願いしましょう。

念の為、猫の爪は切っておきましょう。
薬を嫌がる猫は多く、飲ませようとすると抵抗します。(というくらい元気だったら、ある意味嬉しい)

猫の首まわりと両手を軽くタオルで巻いてあげると、シリンジで水薬を飲ませる時には楽できます。

もう一回お試しキャビアにゃ。
た・・食べた。食べてくれた。
けど塩っぱいだろうからほんの数粒だけね^^

数時間経った頃に高級缶詰を差し出しましたが食べませんorz
何なら食べるの?
試しに人間用だけどコレ食べてみるか?

IMG_6282.JPG
食べました。(=^・^=)

ここから一週間は続けてガスター、整腸剤、てんかんのお薬を一日一回飲ませて続けました。
IMG_6281.JPG
活躍中のすり鉢です。すり鉢って素晴らしい❤
すり鉢で薬をスリスリゴリゴリし始めると炬燵の中に逃げて行きますが(=^・・^=)/

我が家の猫さまは、一週間でみごとに快復いたしました。
食欲が戻り、カリカリのキャットフードを食べるまでになりました。

何が起こってもおかしくない年齢とはいえ、飼い主として最大限できることはやっておこうと思います。

もうちょい気張れや.jpg
ですよね。ほんと。
母も強くならねばのU^^U

気圧の変化も気温の変化も激しい2月は人間も含めて体調管理をしっかりとしましょう。
(食事と空調、湿度等含め)
一定の温度を保つ部屋を一部屋だけは確保しておきたいですね。
アメリカのように全室空調という訳にはいかない日本の家では苦労しますが、できることからこつこつとやりましょう。
炬燵が一個あるだけで猫さんは自分で体調管理をしてくれます。
出たり入ったりしておるにゃ(=^・・^=)

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いいたしますm(^^)m

ranking
人気ブログランキングへ
ガンバポチお願いしますmU__Um
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
IMG_4325.JPG

  1 2 3 4 5..  次の3件>>